2007年12月14日

jkプラン(ジェイ・ケイ・プラン)

jkプラン(ジェイ・ケイ・プラン)のテレビ台は中国、インドネシア、ベトナムなどの東南アジアで生産されているものですが、値段がリーズナブルな上にデザインもよく収納力もあるので人気があります。

コーナー用テレビ台にはテレビ下だけの「コーナーリビングボード」とテレビの上方にもスペースのある「コーナーハイボード」とがあります。リビングボードはAV機器2台を収納可能で、さらに両脇にも収納スペースがあり収納面で充実しています。ハイボードはさらにテレビ上方に物がおけるので、デッドスペースの有効活用にスゴく効果があります。

壁面用ロータイプテレビボードも人気です。28cmの高さの横に長いワイドサイズで、大画面薄型テレビを置くのに適しています(奥行40cm未満)。32型程度の液晶の横にシアターシステムのスピーカーを配置してもクールだと思います。また、収納部は引き出し状のCDラックになっていて、引出しの前板に、お気に入りのCDジャケットやポストカードなどを差し込んでおくこともできます。また、引き出しがラタンのカゴになっているものも、アジアンテイストのお部屋にはお似合いかもしれませんね。

お部屋のレイアウトに合わせられる伸縮式テレビボードも、よく考えられているなと思います。
posted by 薄型テレビボーダー at 20:19| jkプラン(ジェイ・ケイ・プラン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。