2007年10月14日

ローボード

テレビの上にまで収納のついたような、リビング・ボードと呼ばれるテレビ台もありますが、よほどお金持ちでお部屋が広い方をのぞいて、部屋が狭い日本的環境では、高さの低いローボードの方が圧迫感がなくてよいのではないでしょうか。

特に、タタミや絨毯に座ったり寝転んだりしてテレビを見る場合は、視線の高さからもローボードがよいと思います。そういう理由から、また価格的にもリーズナブルであることもあり、テレビ台で一番人気はやはりこのローボードだと思われます。

ローボードといっても、ブラウン管テレビと薄型液晶・プラズマテレビでは大きさ、特に奥行きが違います。また、単なる台から、ビデオデッキ、DVDレコーダーを置けるもの、さらにはもっといろいろ収納のついたもの等様々なものがありますので、テレビを設置する部屋のイメージを固めるとともに、周囲の寸法をしっかり計っておいてから、購入を検討することが大事です。
posted by 薄型テレビボーダー at 14:51| ローボード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。